広島大学・高エネルギー加速器研究機構 連携学術講演会

- 最先端を駆けるために -

「素粒子/原子核/宇宙物理学 と 粒子加速器/検出器」

2005 年 12 月 5 日(月) 於 広島大学

対象: 大学生/大学院生/一般 (定員 1,000 名)


お知らせ ... 趣旨 ... プログラム ... 実施概要 ... 入場事前登録受付 ... 問合先 ... 実施組織 ... リンク

(最終更新日 2005 年 12 月 5 日)


世界物理年 2005 お知らせ


世界物理年 2005 趣旨

広島大学の素粒子・宇宙物理学関連研究グループでは、 粒子加速器を利用した素粒子/原子核/宇宙物理学に対して 多くの学生および一般市民の皆さんに興味を持って頂くために、 この分野の最先端を学ぶ様々な機会を提供しています。 この学術講演会では、高エネルギー加速器研究機構と協力して、 2002 年ノーベル物理学賞受賞者の 小柴昌俊東京大学特別栄誉教授 をはじめ、 日本を代表する物理学者の方々に研究の最前線を語って頂きます。

小柴昌俊東京大学特別栄誉教授           牟田泰三広島大学学長
小柴昌俊東京大学特別栄誉教授       牟田泰三広島大学学長        
(素粒子実験・宇宙線実験)                 (素粒子理論)          

特に、物理学およびその近隣分野を専攻する学部/大学院学生諸君には、 粒子加速器を利用した素粒子/原子核/宇宙物理学に対する興味と研究意欲を高め、 数年後の当該分野を支える若手研究者となることを期待しています。


世界物理年 2005 プログラム


  9:15         (開場)

  9:45 - 10:00  開会挨拶                                        谷口雅樹(広島大学副学長)
 10:00 - 11:00  特別講演:量子色力学と素粒子/クォーク物理学    牟田泰三(広島大学学長)
 11:00 - 11:50  粒子加速器を用いた素粒子/質量起源の探索        駒宮幸男(東京大学教授)

 11:50 - 13:00 (昼休憩)

 13:00 - 14:00  特別講演:粒子検出器とニュートリノ天文学        小柴昌俊(東京大学特別栄誉教授)
 14:00 - 14:50  粒子加速器を用いた極初期宇宙状態の探索          三明康郎(筑波大学教授)
 14:50 - 15:10 (休憩)
 15:10 - 16:00  次世代加速器施設 J-PARC と素粒子/原子核物理学  永宮正治(高エネルギー加速器研究機構教授)
 16:00 - 16:50  粒子加速器を用いたニュートリノ物理学            西川公一郎(京都大学教授)
 16:50 - 17:00  閉会挨拶                                        志垣賢太(広島大学助教授)


世界物理年 2005 実施概要

日程:
2005 年 12 月 5 日(月)
会場:
広島大学 サタケメモリアルホール (広島県東広島市 広島大学東広島キャンパス内)
対象:
大学生/大学院生/一般
参加費:
無料
定員:
1,000 名 (事前申込優先)

注意事項


世界物理年 2005 入場事前登録受付

当学術講演会の入場希望者事前登録申込 (無料) は 12 月 3 日(土) 20:00 をもって締切りました。


世界物理年 2005 問合先

当学術講演会に関する問合先:
広島大学大学院理学研究科物理科学専攻助教授 志垣賢太
hiroshima-kek-05@hepl.hiroshima-u.ac.jp
082-424-0717 (fax)

世界物理年 2005 実施組織

主催:
広島大学高エネルギー加速器研究機構
企画・実施:
広島大学クォーク物理学研究室
協賛:
世界物理年日本委員会

世界物理年 2005 リンク

高エネルギー加速器研究機構大学等連携支援事業による広島大学素粒子・宇宙物理学関連企画

当講演会に関する広島大学からのお知らせ ... 広島大学への交通アクセス案内

広島大学 ... 高エネルギー加速器研究機構 ... 世界物理年日本委員会


広島大学・高エネルギー加速器研究機構 連携学術講演会 「素粒子/原子核/宇宙物理学 と 粒子加速器/検出器」 - hiroshima-kek-05@hepl.hiroshima-u.ac.jp